株主・投資家のみなさまへ

当連結会計年度(2017年1月1日から2017年12月31日まで)におけるわが国の経済は、北朝鮮をめぐる軍事的緊張の高まりや、米国及び欧州の政策動向による影響が懸念されたものの、企業収益は改善し、個人消費や設備投資も持ち直すなど、全体としては緩やかな回復基調で推移いたしました。
当連結会計年度の売上高は、137億75百万円(前年同期比3億5百万円 2.3%増)、売上総利益は15億67百万円(前年同期比1億46百万円 10.3%増)となりました。
営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても、それぞれ2億29百万円(前年同期比1億19百万円 109.1%増)、2億45百万円(前年同期比1億29百万円 111.5%増)、1億9百万円(前年同期比33百万円 44.7%増)となりました。


今後も、ライトングループの一員として、グローバル市場で評価されグループの強みとしている光学コンポーネント(LED等)、センサー、電源製品等の販売を更に強化し、モジュール関連のOEMやODMビジネスの拡張を推進してまいります。また、IoTビジネスの一環としてWi-Fiモジュールのスマート家電への対応を図ってまいります。このような取り組みをもって事業の発展に鋭意努力し企業価値の向上に努めてまいります。

株主並びに投資家の皆様におかれましては、より一層のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。